債務整理 領収書

債務整理するのに領収書や契約書がなくてもできますか?

 

こんなことを思われていませんか?

 

 ・債務整理をしようと思ったけど、領収書などの書類がない。

 

 ・よくよく考えたら家族に内緒にするために領収書や契約書を捨てちゃったな・・

 

 ・こんな状況でも弁護士さんって依頼受けてくれるのかな?

 

 ・過去の借金の状況と履歴とかわからないけど大丈夫なのかな・・

 

債務整理で弁護士に依頼する場合、領収書や契約書といた借金の証拠になるものが全然ないことで不安になるのもわかります。

 

 

債務整理,領収書

 

 

そもそも始めから債務整理しようと思っている人はいないですし、借金の領収書をすべて保存しておくことなんて、なかなかできることではありません。

 

 

 

確かに契約書や領収書などの証拠は重要です。

 

裁判になったりした場合に頼りにするのが証拠ですからね。

 

でも債務整理には証拠は持っていなくても大丈夫なんです。

 

 

 

 

領収書や契約書がこちらになくても、貸金業者の方には「取り引き履歴」が残されています。

 

それを使えばいつ?いくら借りたのか?いくら返済したのかが全て記載されています。

 

それを利用するので大丈夫なんです。

 

 

 

 

相手側がそんなことに応じてくれるのか?そんなことできるのか?と気になるところですよね。

 

普通なら見せてくれないでしょう。

 

ただ、貸金業法という法律があり、そこで過去の取り引き履歴を開示しなければならないと決められています。

 

違反すれば、業務停止や登録処分などの罰則が定められているので、しぶしぶですが応じてくれるという仕組みになっています。

 

実はこの開示請求は個人でもできます。

 

でも、弁護士に依頼したほうがよいでしょう。

 

 

債務整理,領収書

 

 

個人で依頼した場合は、取り引き履歴を出すのに時間をかけたり、過去の取り引き履歴はない、などと言ってくるケースがあります。

 

これは、「素人は貸金業法などわかっていないだろう。個人なら裁判はないな。」となめてかかってくる業者もいるからです。

 

だた、これが弁護士などが介入した場合は対応が変わります。

 

開示に応じなければ、行政に取り合って、業務停止や登録処分などをすぐに訴えることができます。

 

訴訟のプロですからね。

 

変なウソは付けなくなるので、取り引き履歴の開示がすんなり進んでいきます。

 

なので、債務整理は弁護士に依頼する方が早く終わることが多いです。

 

 

債務整理,領収書

 

 

今のまま悩んでいても借金問題の解決は遠のきます。

 

まずは弁護に相談してみましょう。

 

 

 

サイト管理人おすすめの

【弁護士事務所】はこちら→

債務整理,領収書

サイト管理人おすすめの

【司法書士事務所】はこちら→

債務整理,領収書